×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

芥川賞・赤染さん、直木賞・中島さん受賞会見

芥川賞・赤染さん、直木賞・中島さん受賞会見


■アサヒ・コム動画 www.asahi.com 第143回芥川賞直木賞(日本文学振興会主催)受賞者の記者会見が15日夜、東京・丸の内の東京会館で開かれた。芥川賞を受賞した赤染晶子さんは緊張した面持ちで「これからも真摯(しんし)に文学に向き合いたい」と話し、直木賞に選ばれた中島京子さんは「受賞したことで書く自由をより獲得できるのであればうれしい」と笑顔で語った。(アサヒ・コム編集部) ※「Channel ASAHI」にアップロードされている動画の改ざんや、朝日新聞社の許可なく商用・営利目的で利用することを禁じます。
直木賞を受賞した本は好きだ。


言葉の並べ替えを考えていたら、直木賞作家である親戚(母方祖父の従兄弟;僕からは5親等離れた親族)のことを思いだした。僕は小さい時に一度遊んでもらったことがあるらしいが、残念ながら記憶にない。母はとてもかわいがってもらい、彼女が国文学を専攻するきっかけになったとか。


Q.小説『ああ玉杯に花うけて』で有名な明治生まれの作家は佐藤○○?A.こうろく(分岐)Q.その娘で、1969年の直木賞を「戦いすんで日が暮れて」で受賞したのは佐藤○○?A.あいこ


小説『雁の寺』で直木賞を受賞した作家で、映画化もされた『五番町夕霧楼』『飢餓海峡』などの小説で有名なのは? A.水上勉


彼は本名「厚川昌男」という。だがペンネームは「泡坂妻夫」。ちなみに、祖父は彼と親交厚く、寄席・歌舞伎・文学その他、あらゆることを彼から学び、一時期共に「家紋」を紋付きに描く仕事をしていたこともある。泡坂妻夫の直木賞受賞作品「陰桔梗」も、家紋がテーマになっている。


直木賞 の最新情報!

直木賞 最新動画

直木賞 関連情報

↓直木賞 の最新情報↓
直木賞 ニュース
直木賞 ウェブ

★人気動画★
陰陽大戦記
華氏451
オーライザー
☆人気サイトランキング☆
メル友募集掲示板゙☆
ケータイランキング!


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]